社会復帰を手伝ってくれるクリニックを活用しよう

サポートを受けよう

悩む男性

サポートがあればスムーズに働き始められる

うつ病のような状態になると、これまで普通にやっていたことができなくなるため、日常生活に大きな悪影響を及ぼしてしまいます。もちろん、現在行っている仕事にも、多大な影響があるので、続けるのが無理になる場合もあるでしょう。そのような事態になったときは、精神科や心療内科があるクリニックを訪れて、まずはうつ病だと診断してもらうことが大切です。うつ病だとハッキリさせて、働き続けるのが無理だとドクターに診断してもらえば、休職するために必要な診断書をもらえます。それを利用すれば、現在働いている職場を休める可能性が高いので、うつ病に困っているのなら試してみましょう。もしも、すでに体調を崩したことにより、仕事を辞めてしまっているのならば、クリニックが行っている就職サポート活用をおすすめします。病気を治すだけではなく、就職するためのプランを計画してくれるところがあるので、一人で行動をするのが難しいなら頼りにしましょう。的確な指導やアドバイスをもらえるため、新しい職場に無事に就職できるようになります。ただし、就職サポートがまったく用意されていないところもあるので、力になって欲しいのなら、事前にきちんと調べて用意されているクリニックを探しましょう。

就職サポートをやってくれるところは、うつ病の治療の一つとして行うわけではなく、独立したプログラムになっている場合が多いです。そのため、自身が望まなければ参加はできないので、就職サポートを受けたい方は気をつけましょう。もちろん、ドクターやスタッフに質問すれば、すぐに参加の方法を教えてくれるので、利用するのは難しくありません。うつ病の治療のほかに費用が発生することになりますが、保険を使えるので、少ない負担で社会復帰を目指せます。なお、就職サポートをやっているようなところでは、傷病手当金申請や自立支援医療について教えてくれる場合が多いです。働いていないということは、収入がない状態なので、お金に関する不安がつきまとうでしょう。それでは、うつ病に悪い影響を与えてしまうので、金銭的な支援を受ける方法をクリニックに聞くようにしましょう。うつ病の状態が紙片の対象となるのなら、手続き方法を教えてくれるため、お金の不安を少しでも減らすことができます。場合によっては、障害基礎年金をもらえる可能性もあるので、いろいろな相談をしてみましょう。ただし、障害基礎年金を受給するのはハードルが高いので、クリニック以外の相談できる別の機関の利用もおすすめします。

人間関係の悩みやストレス

ストレス 就職が内定すると、ホッとしている人が多いですが、通勤を始めると環境が大きく変化します。人間関係の悩みや疲労、環境の変化などの要因が重なり、うつ病を発症することもあります。早めに精神科の病院やクリニックを受診して、うつチェックを受けましょう。

詳しく見る

病気でも働ける場所を探す

医者と看護師 うつ病でも就職できます。そんな支援をしているような機関や施設もあるので調べてみましょう。また、治療中に融通を利かせてくれるような会社を選ぶと安心して治療に集中できます。うつ病といっても種類はいろいろあるものです。

詳しく見る

一歩ずつ進んでいこう

ハートと聴診器 うつ病患者が回復して就職するためには、無理をせずに少しずつ前へ進むことが必要です。まずは精神障害者保建福祉手帳を取得して、そのメリットを生かしましょう。さらに障害者就業・生活支援センターに相談すれば、適切なアドバイスが受けられます。

詳しく見る

仕事をしてもいいのか

カウンセリング うつ病でも就職することはできます。きちんと治療をし、主治医の許可がおりれば普通に働くことは可能です。ただし、勤務先に状態を話しておきましょう。症状が出てしまうことで周りに迷惑をかけてしまうことがあるかもしれないからです。

詳しく見る

Copyright© 2019 社会復帰を手伝ってくれるクリニックを活用しよう All Rights Reserved.