病気でも働ける場所を探す|社会復帰を手伝ってくれるクリニックを活用しよう

社会復帰を手伝ってくれるクリニックを活用しよう

病気でも働ける場所を探す

医者と看護師

環境の良い会社を探す

うつ病になってしまうと就職できないのではないかと不安に感じている人もいることでしょう。しかし、実際にはそんなことはありません。きちんと支援をしてくれるような機関や施設など、取り組みがなされているからです。それに会社によっては病気の人でも安心して働けるように、様々な工夫をしているところもあります。うつ病は一生治らないという病気ではありません。状態がひどい時だけ一時的に休養するというように、融通が利くような会社を選べば安心して治療に集中できます。まず、就職先をじっくり探しましょう。その時点でうつ病を発症している場合には、包み隠さずその旨を会社側に話しておくことが大事です。隠しているといざ勤務してからトラブルとなってしまうこともあるからです。病気治療を優先するために職場のポジションなどもいろいろと考えてくれる会社なら安心して働けます。また、心療内科や精神科を受診している人は、主治医に相談してみるのもいいかもしれません。親身的なところなら職場支援なども行っているからです。提携している企業などを紹介してくれることもあります。もしくは無理に正社員として働くのではなく、病状が安定するまでアルバイトやパートとして働くのもいいかもしれません。

うつ病にはいろいろな種類があり、それぞれ治療法も異なります。治療する期間も人によって異なります。そのため、就職する上で困ってしまうこともあるでしょう。まずはうつ病の治療に専念することがポイントです。病状が安定していない状態で就職をしてしまうと、職場に迷惑をかけてしまうことがあるからです。ただし、病状が軽く、薬を服用してさえいれば日常生活も普通に送れるというのなら、気兼ねなく働くといいでしょう。できるだけ他人と同じように普通の生活を送れるようにすることが大事です。いろいろな人と関わっていくことで気分が優れてくることもあります。しかし、鬱状態が長く続いている場合には無理に働くことはありません。というのも、仕事をすることでかえって状態が悪化してしまうことがあるからです。特に会社に行きたくないという人を無理に行かせるのは良くないので、状態が落ち着くまで休養しましょう。有給休暇を利用するという手段もあります。会社によっては傷病手当が出ることもあり、その点は事前に確認しておいた方がいいかもしれません。それから、主治医に診断書を書いてもらいましょう。主治医の見立てではどのくらい休んだらいいのか、きちんと会社に申請してもらえば気兼ねなく休むことができます。

Copyright© 2019 社会復帰を手伝ってくれるクリニックを活用しよう All Rights Reserved.