社会復帰を手伝ってくれるクリニックを活用しよう

仕事をしてもいいのか

カウンセリング

きちんと治療を受けよう

うつ病の人でも就職することはできますが、まずは自身の状態を把握する必要があります。精神科や心療内科を受診し、適切な治療を受けましょう。主治医の判断によって、今は仕事をせず自宅療養した方がいいというのなら、無理に働くことはありません。無理をして働くことでかえってうつ病の症状を悪化させてしまうこともあるからです。また、就職を希望しているのなら、どんな職種がいいのかよく検討してみることが大切です。うつ病は良くなったり悪くなったりすることがあります。いざという時、気兼ねなく休みを取れるような会社なら安心です。仕事に支障が出ないようにするためにも、病気のことをきちんと理解してくれるような職場を選びましょう。そんな相談は家族だけではなく、主治医にもしてみるといいかもしれません。主治医は状態を一番把握している人なので、患者が今どのようなことならできるのか一緒に考えてくれます。そんな親身的な主治医を探しましょう。最近は薬物治療も進歩してきているため、症状が軽い人なら仕事をすることは可能です。正社員ではなくアルバイトやパートなど、比較的、休みが取りやすく短時間労働のものから始めてみるといいでしょう。まずは病気を早く治すことが何よりも大切です。

うつ病だと就職に支障が出るのではないかと不安に感じている高校生や大学生などは多いことでしょう。ちょうど就職活動の時期に差し掛かっている時にうつ病を発症してしまったというのでは、余計に不安に感じるのは当然のことです。しかし、状態によっては仕事をすることはできます。まず、自身の状態を把握することが大切です。すぐに精神科や心療内科を受診し、治療を始めましょう。治療には費用がかかるため、収入がないのは誰でも困ります。特に一人暮らしの人は生活費を得られないのでは困ることでしょう。そこで主治医もその点は考慮して、どんな仕事ならできそうなのか相談に乗ってくれることがあるのです。また、経済状況などを確認し、安価な薬に変えてくれるなど工夫をしてくれることもあります。それから、ハローワークや求人サイトなどを利用して職探しをしてみるのもいいかもしれません。その際、病気の人でも応募できるのかどうか確認しておきましょう。短期アルバイトなどは、比較的、採用されやすくなっています。正社員の場合は病気のことを隠さず、どのような状態なのか話した上で会社と相談することが大切です。場合によっては短時間労働にしてくれたり、週3日勤務にしてくれたりといった会社もあります。

Copyright© 2019 社会復帰を手伝ってくれるクリニックを活用しよう All Rights Reserved.