社会復帰を手伝ってくれるクリニックを活用しよう

人間関係の悩みやストレス

ストレス

環境が大きく変わると病気を発症しやすい

大学生や専門学校生は、就活がうまくいって内定が取れるとホッとしている人も多いです。学生の頃に比べると、社会人になると責任の重い仕事を任されることも多くなります。就職が決まって通勤を始めると、新しい人間関係が出来たり、環境が大きく変化します。新入社員は環境の変化や人間関係のストレス、疲労などが原因で、うつ病を発症することもあります。気力や意欲が低下してやる気が出なかったり、仕事でミスが増えたり、遅刻や欠勤などが増えるなどの変化が見られます。気になる症状が見られる場合は、精神科のクリニックや病院を受診することが大事です。若い年代の人は、40代以降の年代に比べると叱責をされることが少なく、ストレス耐性が弱い傾向があります。真面目で責任感の強い性格の人や、ストレス耐性の弱い人は、うつ病に罹りやすい傾向があります。精神科の病院やクリニックを受診する時は、親や兄弟姉妹などに付き添ってもらうと良いでしょう。就職うつの場合は、仕事や環境に慣れてくると自然に回復することもあります。信頼できる友人や両親、兄弟姉妹などに仕事や人間関係の悩みを相談することも大事です。心身の不調が出ている時は、十分な休息や睡眠などが必要になってきます。

就職がきっかけでうつ病を発症した時は、精神科のクリニックや病院で、問診やカウンセリング、診察などが受けられます。予約制の病院やクリニックが多いので、事前に予約を入れておくと良いでしょう。初診の場合は、受付のスタッフが対応をしてくれるので、安心して通院が出来ます。完全個室で問診によるうつチェックを受けたり、時間を掛けてカウンセリングを行います。うつ病は早い段階で治療を始めることで、回復を速めることが出来ます。就職が原因のうつ病の場合は、仕事や環境に慣れてくると改善することも多いです。精神科の病院やクリニックでは、抗うつ剤や睡眠導入剤を処方してくれるので、しばらくは根気よく続けることが大事です。症状が重い時は、一時的にストレス環境から離れることで改善するケースもあります。仕事を続けるのが難しい場合は、一時的に休職をするのをお勧めします。すぐに仕事をやめてしまわずに、勤務先に病状を伝えることが大事です。学生時代に比べると、上司と部下などの上下関係もあるため、人間関係の悩みも発生しやすいです。精神科の病院やクリニックは、清潔で落ち着いた雰囲気なので、リラックスして通院が出来る環境が整っています。診察やカウンセリングの時に、日常で困っていることを伝えて下さい。

Copyright© 2019 社会復帰を手伝ってくれるクリニックを活用しよう All Rights Reserved.